English 日本語

蓄積されたデータに潜む価値を見出し、収益性を増大すること。
多様化する消費者ニーズをデータから掴み、的確な戦略を実現すること。
これらを強力にサポートするために、
我々エフプライムは、コンサルティングからソフトウェア開発、
トレーニングに至るまで様々なサービスをご用意しております。

Nattoはデータ分析のための全く新しいソフトウェアです。
コンセプトは「見える、触れる、理解できる」。
高度な専門知識は、ほとんど必要ありません。
ほぼ全ての機能をマウス操作で呼び出すことができ、
データの持つ価値ある情報を引き出すことができます。

R AnalyticFlowは、フローチャートを描くことで
高度なデータ分析を実現するソフトウェアです。
フローとして構造化されたプロセスは再現・共有も容易。
過去に蓄積されたデータ分析プロセスもフローに変換でき、
ナレッジの再利用もスムーズです。

NEWS


2013/11/30 弊社代表の鈴木がRユーザー会 (2013年度統計数理研究所共同研究集会「データ解析環境Rの整備と利用」。11月30日、統計数理研究所にて)で発表を行いました。 発表資料はこちらから(PDF形式)。
2012/12/13 データ分析ツール R AnalyticFlow バージョン 2.0.0 を公開いたしました。 ダウンロードはこちらから。
2012/12/1 弊社代表の鈴木がRユーザー会 (2012年度統計数理研究所共同研究集会「データ解析環境Rの整備と利用」。12月1日、統計数理研究所にて)で発表を行いました。 発表資料はこちらから(PDF形式)。
2012/2/23 弊社代表の鈴木が研究会「Rでつなぐ次世代オミックス情報統合解析研究会」(2月23日、理化学研究所横浜研究所にて)で講師を務めました。発表資料はこちらから(PDF形式)。
2011/12/2 弊社代表の鈴木がRユーザー会(統計数理研究所共同研究集会 「データ解析環境Rの整備と利用」。11月26日、統計数理研究所にて)で発表を行いました。
2011/11/26 公式Twitterアカウント@efprime_jpの運用を開始いたしました。弊社開発ソフトウェアの最新情報などをお届けいたします。
2010/11/30 弊社代表の鈴木がRユーザー会(統計数理研究所共同研究集会 「データ解析環境Rの整備と利用」。11月27日、統計数理研究所にて)で発表を行いました。 発表資料はこちらから(PDF形式)。
2010/3/26 弊社代表の鈴木がPAGE2010カンファレンス「いかに見込客を集めるか〜 最先端マーケティング手法とは 」(2月4日、池袋サンシャインシティにて)で発表を行いました。 発表資料はこちらから(PDF形式)。
2009/12/29 データ分析ツール R AnalyticFlow バージョン 1.0.0 を公開いたしました。 ダウンロードはこちらから。
2009/12/7 弊社代表の鈴木がRユーザー会(研究集計「データ解析環境Rの整備と利用」。12月5日、統計数理研究所にて)で発表を行いました。 発表資料はこちらから(PDF形式)。
2008/10/9 弊社代表の鈴木が国際会議 useR! 2008(8月12-14日、ドイツにて)で発表を行いました。 発表資料はこちら(PDF形式、英語)。
会議の様子:写真1写真2写真3
2008/8/9 R AnalyticFlow の英語版を公開いたしました。 英語版のダウンロードはこちらから。
2007/12/21 データ分析ツール R AnalyticFlow プレビュー版を公開いたしました。 ダウンロードはこちらから。
2007/12/11 弊社代表の鈴木が統計数理研究所の共同研究集会(12月8日)にて発表を行いました。 発表資料はこちら(PDF形式)。
講演の様子:写真1写真2
2007/9/3 弊社代表の鈴木が行動計量学会第35回大会にて発表を行いました。 発表資料はこちら(PDF形式)。
2007/2/20 nattoRを公開しました。
2007/2/15 弊社代表の鈴木が国際学会Directions In Statistical Computing 2007にて発表を行いました。 発表資料はこちら(PDF形式)。